子の行事

氷川神社の場合

安産祈願/縁結祈願/合格祈願

  • 御札は本人の部屋に祀る
  • 御守は本人が身につける
  • 成就後、神社に納める
  • お箸は当分の間使う

初宮詣 (お宮参り)

  • 御札は子が寝る部屋に祀る
  • 一年経ったら臍の緒、命名書と共に保管する
  • 七五三を迎えるまで御守を子の身の周りにつける

七五三詣

  • 御札は子が寝る部屋に祀る
  • 御守は子が身につける
  • 御神矢は北に向けて飾る
  • 五歳男子、七歳女子は1年後神社に納める

厄除け祈願

  • 御札は本人の部屋に祀る
  • 御守は本人がつける
  • それぞれ一年経ったら神社に納める

交通安全祈願

  • 御守とステッカーは車に、小さい御守は運転する人が身につける

家内安全祈願

  • 御札は居間や生活の中心となる部屋に祀る
  • 一年毎に新しい御札を身につける
  • 御守は家族それぞれが身につける

中古7,8人乗りコンパクトカー調査

参考までに
* Bb(5人乗り)の全長は 3800mm/1690mm/1635mm(全長×全幅×全高) である。
* セレナ(コンパクトではないファミリーカー)は 4650-4725mm/1695-1725mm/1840-1850mm である。

※ 全長は標準装備の通常タイプを適当に選択、正確ではない。

HONDA FREED


公式サイト
型式一覧 (グーネット)

  • 6人乗りと7人乗りがある
  • 16/09 新型フルモデルチェンジが登場
  • 車種としてフリードとフリードプラスがある。
  • 3列目の足元が広い
  • 1496cc
  • 4215mm/1695mm/1715mm(全長×全幅×全高)
  • 燃費は 2012 年モデルで 17.0km/l (ガソリン)
  • ドア数 5

TOYOTA sienta


型式一覧 (グーネット)

  • 6人乗りと7人乗りがある
  • 3列目の足元が狭い
  • ちょっとダサいのが多いかもしれない
  • 4235mm/1695mm/1675mm(全長×全幅×全高)
  • 燃費は 2015 年モデルで 27.2km/L (ガソリン)
  • ドア数 5

TOYOTA SPADE


型式一覧 (グーネット)

  • 5人乗りのみ
  • 1496cc
  • 3995×1695×1690mm(全長×全幅×全高)

TOYOTA Porte


型式一覧 (グーネット)

  • 5人乗り
  • 1496cc
  • 3995×1695×1690mm(全長×全幅×全高)

TOYOTA VOXY


型式一覧 (グーネット)

  • 7人乗り
  • でかい
  • 見た目が若い
  • 1797cc
  • 4595mm/1695mm/1850mm(全長×全幅×全高)

TOYOTA ノア

  • 7人乗り
  • でかい
  • 1986cc
  • 4695mm/1695mm/全高1825mm(全長×全幅×全高)

Honda ステップワゴン

  • 7人乗り
  • でかい
  • 1496cc
  • 4640mm/1695mm/1770mm(全長×全幅×全高)

他車高が低く運転し辛いと思われるもの

  • Honda オデッセイ
  • Honda シャトル

dein.vim

前提

  • neovim がインストールされ利用可能なこと
  • .vim, .vimrc ではなく .config, init.vim を利用していること

設定

"dein Scripts-----------------------------
if &compatible
  set nocompatible
endif

let s:dein_dir = expand('~/.cache/dein')
let s:dein_repo_dir = s:dein_dir . '/repos/github.com/Shougo/dein.vim'

if &runtimepath !~# '/dein.vim'
  if !isdirectory(s:dein_repo_dir)
    execute '!git clone https://github.com/Shougo/dein.vim' s:dein_repo_dir
  endif
  execute 'set runtimepath^=' . fnamemodify(s:dein_repo_dir, ':p')
endif

if dein#load_state(s:dein_dir)
  call dein#begin(s:dein_dir)

  let s:toml_dir = expand('~/.config/nvim')
  call dein#load_toml(s:toml_dir . '/dein.toml', {'lazy': 0})
  call dein#load_toml(s:toml_dir . '/dein_lazy.toml', {'lazy': 1})

  call dein#end()
  call dein#save_state()
endif

" Required:
filetype plugin indent on
syntax enable

if dein#check_install()
  call dein#install()
endif

if has('vim_starting') && dein#check_install()
  call dein#install()
endif

"End dein Scripts-------------------------
 ~/.config % tree -L 2
.
├── NuGet
│   └── nuget.config
├── configstore
│   └── update-notifier-npm.json
└── nvim
    ├── colors
    ├── dein.toml
    ├── dein_lazy.toml
    ├── init.vim
    └── repos

nvim/dein.toml

[[plugins]]
repo = 'Shougo/neosnippet.vim'

[[plugins]]
repo = 'Shougo/neosnippet-snippets'

[[plugins]]
repo = 'elzr/vim-json'
if   = '''! has('kaoriya')'''

[[plugins]] 
repo = 'osyo-manga/vim-precious'
depends = ['context_filetype.vim']

[[plugins]]
repo = 'Shougo/context_filetype.vim'

[[plugins]]
repo =  'evidens/vim-twig'

[[plugins]]
repo =  'w0ng/vim-hybrid'

[[plugins]]
repo =  'hashivim/vim-terraform'

[[plugins]]
repo = 'vim-syntastic/syntastic'

[[plugins]]
repo = 'juliosueiras/vim-terraform-completion'

[[plugins]]
repo    = 'vim-airline/vim-airline'
depends = ['/vim-airline-themes']

[[plugins]]
repo = 'vim-airline/vim-airline-themes'

[[plugins]]
repo = 'itchyny/lightline.vim'

[[plugins]]
repo = 'fatih/vim-go'

nvim/dein_lazy.toml

[[plugins]]
repo = 'Shougo/dein.vim'

[[plugins]]
repo = 'Shougo/vimproc.vim'

[[plugins]]
repo = 'Shougo/vimshell.vim'

[[plugins]]
repo = 'cespare/vim-toml'
on_ft = 'toml'

[[plugins]]
repo = 'hail2u/vim-css3-syntax'

[[plugins]]
repo = 'thinca/vim-ref'

[[plugins]]
repo = 'cespare/vim-toml'
on_ft = ['toml']

[[plugins]]
repo = 'elzr/vim-json'
on_ft = 'json'

[[plugins]]
repo = 'rcmdnk/vim-markdown'
on_ft = ['markdown', 'mkd']

[[plugins]]
repo = 'vim-ruby/vim-ruby'
on_map = '<Plug>'
on_ft = 'ruby'

[[plugins]]
repo = 'hashivim/vim-terraform'

[[plugins]]
repo = 'jelera/vim-javascript-syntax'
on_ft = 'javascript'

[[plugins]]
repo  = 'Quramy/tsuquyomi'
on_ft = ['typescript']

[[plugins]]
repo = 'Shougo/neocomplete.vim'
on_i = 1

[[plugins]]
repo   = 'Shougo/unite.vim'

[[plugins]]
repo      = 'Shougo/neomru.vim'
on_source = ['unite.vim']

[[plugins]]
repo      = 'thinca/vim-prettyprint'
on_cmd    = ['PP', 'PrettyPrint']

[[plugins]]
repo   = 'thinca/vim-fontzoom'
on_cmd = ['Fontzoom']
on_map = ['<Plug>(fontzoom-']
gui    = 1

[Apache] Logフォーマット

/etc/httpd/httpd.conf

CustomLog logs/access_log "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\""
  • %h: リモートホスト。つまりApacheにアクセスしてきたクライアントPCのIPアドレスとなります。
  • %l: リモートログ名。mod_identモジュールがロードされており、IdentityCheckディレクティブがOnになっている場合のみ表示されます。それ以外の場合は『-』と表示されます。
    %u リモートユーザ。
    %t リクエストを受信した時刻。
    %r リクエストの最初の行。
    %>s %sはステータスコード。内部でリダイレクトされた場合でも元々のステータスコードを出力。%>sはリダイレクトされた場合最後のステータスコードを出力。
    %b HTTPヘッダを除くレスポンスのバイト数。0バイトの場合は『-』と表示されます。
    %{Referer}i サーバが受信したリクエストヘッダのReferer。
    %{User-Agent}i サーバが受信したリクエストヘッダのUser-Agent。