[Git] 運用ルールの決定〜導入

検討事項

  • Gitアカウント取得は自社か、先方か
  • ブランチ管理モデルは、Git flowか、Github flowか
    • Git flow: 全員が全員ブランチを切り全員がマージできる状態
    • Github flow: develop masterへのマージはコード管理者へのプルリクで行う
    • 後者の方がコード品質は保てるが実装期間が短い場合これは該当しない。
  • 有識者・管理者の選定
  • 本番サーバに上がっているソースとgit masterに上がっているファイルの比較/保守

ブランチ管理(例)

  • リポジトリの作成
  • ブランチと役割を明確化
    • 例: master, develop, feature, release, hotfixで以下のように運用。
    • masterはマージ後テスト済みのリリース可能な状態のブランチ。直接このブランチで作業しない。
    • developは開発ブランチ。feature/release/hotfixブランチを切り、終わったらdevelopへマージ。直接このブランチで作業しない。
    • featureは追加機能開発ブランチ。
    • releaseはリリース用ブランチ。developブランチから切ってmasterブランチへマージ。
    • hotfixは本番障害時など早急に対応が必要な場合にmasterブランチから切られる。
  • ポータルのWiki等で周知し、ブランチ管理を管理者の元徹底化。

Gitクライアントの選定

  • Git CLI
  • SourceTree
  • GitHub Desktop

参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です