[AWS] Diagnostics for Microsoft Windows Server

概要

Microsoft Windows Server の Amazon EC2 インスタンスの診断及びトラブルシューティングが可能。スタンドアロンの実行ファイル。

行えること

  • ログファイルの収集
    • IP アドレスとルートテーブルなどのネットワーク情報
    • ドメインとコンピュータ名
    • ライセンスの状態、Key Management Server (KMS) の構成などのアクティベーション設定
    • 現在の時刻と時間帯などの時間設定
    • インスタンス上にインストールされたドライバ
    • セキュリティグループのルールに沿った Windows ファイアウォールの設定
    • インストールされた更新
    • Windows が 1 週間以内にクラッシュした場合のミニダンプファイル
  • ログファイルの分析
    • アクティベーションステータスと KMS 設定のチェック
    • メタデータと KMS アクセスに対する適切なルートテーブルエントリのチェック
    • セキュリティグループルールと Windows ファイアウォールルールの比較
    • PV ドライバのバージョン確認(Redhat または Citrix)
    • RealTimesUniversal レジストリキーが設定されているかの確認
    • 複数の NIC を使用している場合のデフォルトゲートウェイ設定
    • ミニダンプファイルのコードのバグチェック
  • 事前検知、修正アクション

利用方法

https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/ec2rescue-windows-troubleshoot/
の Download リンクより EC2Rescue_latest.zip ファイルをダウンロード。

費用

無料。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です