cache Basic

cache 種類

page cache とは?

  • ファイル単位でアクセスする際に利用される。
  • ファイルI/O をキャッシュし、最適化することでアクセスを高速化させる。
  • memory が不足すると page cache へのメモリ確保が無くなり、I/Oが
  • ファイルを削除した場合は、キャッシュも解放される。

buffer cache とは?

  • ブロックデバイスへ直接アクセスする際に利用される。
  • disc I/O をキャッシュし、最適化することでアクセスを高速化させる。
  • 処理速度や転送速度の差を補うためにデータを一時的に保存しておくメモリ。
  • HDDへのI/O操作が終了すると破棄される、生存期間が短い。

block device とは?

  • HDD, CD-ROM Drive, Flush Drive等。
  • Bite, またはbit(通常512~2048 Bite)単位でランダムアクセス(読み込み順序、書き込み順序を変更してアクセス)可能なデータのI/Oストレージデバイス。
  • Linux、Windows等ファイルシステムは、Block device 上に構築する。

memory における cache

memory の中は 使用中(kernel,appのプロセス)、cache しているデータ、空きデータが存在する。
swap に関しては HDD へ作成される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です