アトピー性皮膚炎

独り言。

私は赤ちゃんの頃より、重度のアトピーだった。
頬から血が出ておりすれ違った人たちが振り向くほど、酷かった。

母は身の回りの日用品で化学薬品を使用しているものを全て捨て、食べ物もなるべく化学調味料や保存料が入っていない天然のものを僕に食べさせるようになったそうだ。
洗剤は合成洗剤をやめて石鹸洗剤を使うようにし、柔軟剤も使わなくなった。

添加物だらけのお菓子や化学調味料だらけの加工肉(ソーセージ)などを、お祭りなどで買ってもらい食べてしまったときには、一気に身体が痒くなり蕁麻疹や血がでてきていた。

そんな私に母が幼稚園に入る前より毎日飲ませられていたのが、大高酵素という飲み物である。
酵素自体は、ここ数年ダイエット等で流行していた。

この大高酵素、甘くらっきょうみたいな匂いと味がするが、慣れれば大したことはない。
※大高酵素のオフィシャルサイトはこちら

幼少期の頃より哺乳瓶に入れてこの酵素を水で薄めて飲んでおり、中学まで毎日欠かさず飲んでいた。
今もたまに飲んでいるが、今の酵素は、昔と比べ味が変わった(さらに甘くなった)ような気がする。

昔からステロイドの軟膏だけは使わず、ずっと天然のものだけを使うようにしてきた。
アトピーを悪化させない為、以下のことに気をつけ、過ごしてきた。

  • 肌に触れる物(洋服など)は、石鹸洗剤で洗う
  • 柔軟剤を使わない
  • ボディソープも市販のものを使わず、石鹸のボディーソープを使う
  • シャンプーも石鹸シャンプー(又は固形石鹸)を使う
  • 野菜を多くとり、添加物の入った食材は摂取しない
  • お菓子を食べない
  • お米は玄米を混ぜて食べる

幼稚園に入ったあたりではまだ、頬に血が滲むようなレベルだったが、少しずつ改善していった。
小学校は肌荒れがだんだんなくなり蕁麻疹も収まったが、たまに隠れてチョコなど菓子を食べてしまった時に、蕁麻疹や重度のカサカサ肌が再発していた。

肌荒れよりも酷かったのが、私の場合”指”だった。指の爪がグシャグシャで第二関節から先に膿が蓮のように溜まっており、針で刺して膿を出していた。

しかし、食生活を改め酵素を摂り続け、中学に上がる頃にはすっかりと肌が綺麗になり、痒みもなくなっていった。
爪も少し変形していたが、ほとんど真っ直ぐな爪になり、膿も疲れた時以外、ほとんど膿は出なくなった。

私個人の場合は、皮膚科に通わずにアトピーが完治した。
再発はしていない。

アトピーは人によって原因が様々で、一生付き合っていくこともあり、一概にこれという解決法はないが、母が昔バンバン使っていた合成洗剤や添加物だらけの食生活を私のアトピーを機に完全に改め、根気強く徹底的にアトピーと向き合ってくれたことには、大変感謝している。

大高酵素に配合されている野菜は以下の通り。
リンゴ、ニンジン、キャベツ、ダイコン、ナシ、セロリ、キュウリ、バナナ、タマネギ、ゴボウ、ホウレンソウ、カボチャ、トマト、ピーマン、リョクトウモヤシ、ナス、レンコン、ウド、シイタケ、ショウガ、エンドウモヤシ、レタス、アスパラ、ニンニク、ミツバ、ミカン皮、クマザサ、フキノトウ、タンポポ、オオバコ、クローバー、コンブ、スギ葉、パセリ、カブ、パイン、ブドウ、イチゴ、イタドリの若芽、アサツキ、ハクサイ、エノキタケ、サラダナ、シュンギク、ヨモギ、セリ、ニラ、トドマツ葉、青シソ、ワカメ