Apache基本設定

更新途中。

環境

  • Apache2.2, 2.4
  • AWS ELB

モジュールの確認

$ /usr/sbin/httpd -l
Compiled in modules:
  core.c
  prefork.c
  http_core.c
  mod_so.c

DSO(Dynamic Shared Object)

実行時にモジュールを組み込める。
“httpd.conf” ファイルで “LoadModule” ディレクティブを使い、モジュールを指定する。

KeepAlive

ELBヘルスチェックの設定

ルート「/」へのチェックは、毎回トップへアクセスし、動的処理が入るため、負荷が高い。
ライトにする為、”_health_check.html”等適当にファイルを用意し、ヘルスチェック先を変更する。

アクセスログに正常にスタンプされることを確認。

"GET /_health_check.html HTTP/1.1" 200

ELBのタイムアウト時間/ApacheのKeepAliveを調整

ELBのデフォルトタイムアウト時間は、”60秒”である。
ELBは、コネクション生成コスト削減の為、常設コネクション(セッション維持)を確立を生成し、60秒毎(デフォルト)に再生成している。
Apache2.4系では、”mod_reqtimeout”がデフォルトで有効になっており、デフォルト値は”header=20-40,MinRate=500 body=20,MinRate=500″である。
TCPコネクション接続後、”20-40秒”のうちにHTTPヘッダーの応答がないコネクションは、破棄を行う。
デフォルト値ではbodyは20秒、headerは20秒以内に受信できないときはタイムアウトとみなし、データ送信中は500Bytes受信するごとに1秒、タイムアウトまでの時間を延長し、最大30秒まで延長することが可能。

ELBで常設コネクション(セッション維持)を行っているのに、Apache側でタイムアウトすると、408エラーが起こってしまう。セッションが切れてしまう為、切断されたセッションを繋ぎ直す余計な処理も走ることになる。

ELBのタイムアウト設定を変更し、Apache側のタイムアウトは変更しない場合

“KeepAliveTimeout”を設定している環境であれば、”KeepAliveTimeout”>”ELBアイドルタイムアウト”とし、そうでなければ、”ELBアイドルタイムアウト”を”5秒-50秒”に設定するのがよい(Apache2.2、2.4系では、”KeepAliveTimeout”のデフォルト値が”5秒”であり、5秒後に接続を遮断しコネクション再接続のコスト削減とサーバ側リソースとの調整を行っている為、ELBの”アイドルタイムアウト”を”5秒”まで短くしても問題ない。)。

ELBのタイムアウト設定を変更せず、Apache側のタイムアウトを変更する場合

“KeepAliveTimeout”を設定している環境であれば、”KeepAliveTimeout”の値 > “ELBアイドルタイムアウト”の値 とする。
AWSのドキュメントでは、ApacheのTimeout値は120秒を推奨値としている。
例えば、ELBのアイドルタイムアウト値を”60秒”のままにする場合、以下のように設定する。

  • Apacheタイムアウト時間: 120sec
  • keepalive: 90sec

▼設定例
/path/to/httpd.conf

<VirtualHost *:80>
  ServerName   www.example.com
  DocumentRoot /var/www/html/
  # Enable TCP keepalive
  Timeout 120
  KeepAlive On
  KeepAliveTimeout 90
  MaxKeepAliveRequests 100
  LogFormat "%{X-Forwarded-For}i %h %l %u %t \"%r\" %>s %b %D \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
</VirtualHost>

ELB配下のApacheアクセスログにClientIPを表示する(Apache2.2系)

ELB配下のApacheアクセスログは、デフォルトだとClientIPではなくELBのIPが表示されてしまう。

10.20.0.80 - - [05/Sep/2017:16:45:08 +0900] "GET /_health_check.html HTTP/1.1" 200 227 "-" "ELB-HealthChecker/2.0"
10.20.1.168 - - [05/Sep/2017:16:45:08 +0900] "GET /_health_check.html HTTP/1.1" 200 227 "-" "ELB-HealthChecker/2.0"
$ yum --enablerepo=epel install mod_extract_forwarded

/etc/httpd/conf.d/mod_extract_forwarded.conf

LoadModule extract_forwarded_module modules/mod_extract_forwarded.so
MEForder refuse,accept
MEFrefuse all
MEFaccept all

Apacheの再起動を行う。

$ service httpd graceful

ELB配下のApacheアクセスログにClientIPを表示する(Apache2.4系)

“mod_remoteip”モジュールが読み込まれていることを確認する。
/etc/httpd/conf.modules.d/00-base.conf

LoadModule remoteip_module modules/mod_remoteip.so
$ apachectl -M | grep remoteip
 remoteip_module (shared)

/path/to/httpd-vhosts.conf

<VirtualHost *:80>
    ServerName xxx.net
    # IP check through ELB
    RemoteIPHeader X-Forwarded-For
    RemoteIPTrustedProxy 10.20.0.80/32
    RemoteIPTrustedProxy 10.20.1.168/32
    DocumentRoot /var/www/vhosts/xxx/htdocs/yyy
    <Directory "/var/www/vhosts/xxx/htdocs/yyy">
        Require all granted
    </Directory>
</VirtualHost>

LogFormatを変更する。

<IfModule log_config_module>
    #
    # The following directives define some format nicknames for use with
    # a CustomLog directive (see below).
    #
    #LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
    LogFormat "%a %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined # 追加
    #LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b" common
    LogFormat "%a %l %u %t \"%r\" %>s %b" common # 追加

access.logへ、ClientIPがスタンプされるようになる。

61.xxx.x.xxx - - [05/Sep/2017:17:16:01 +0900] "GET / HTTP/1.1" 200 65387 "-" "Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_6) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/60.0.3112.113 Safari/537.36"

Apacheの再起動を行う。

$ service httpd graceful

アクセス制限

全てのアクセスを許可

2.4系

<Directory "/admin">
  Require all granted
</Directory>

2.2系

<Directory "/admin">
  Order allow,deny
  Allow from all
</Directory>

全てのアクセスを拒否

2.4系

<Directory "/admin">
  Require all denied
</Directory>

2.2系

<Directory "/admin">
  Order allow,deny
  Deny from all
</Directory>

特定のIPのみ許可

2.4系

<Directory "/admin">
  Require ip xxx.xxx.xxx.xxx
</Directory>

2.2系

<Directory "/admin">
  Order deny,allow
  Deny from all
  Allow from xxx.xxx.xxx.xxx
</Directory>

IPによるアクセス等、設定したServerName以外でのアクセスには “403 Forbidden” を返す。

セキュリティの向上

“Trace method” を無効にする。
XSSの脆弱性がある場合に、APサーバー側でTrace methodが有効になっていると、”クロスサイトトレーシング”という脆弱性が発生する可能性があり、暗号化されていないBasic認証のID/パスワード/Cookieが漏洩する可能性がある。

/etc/httpd/conf/httpd.conf

TraceEnable off

反映を確認する。
“405 Method Not Allowed” と出力されていることを確認する。

$ curl -I https://{YOUR_DOMAIN}
HTTP/1.1 405 Method Not Allowed
Allow: GET
Cache-Control: no-cache, no-store, max-age=0, must-revalidate
Content-Type: text/plain
Date: Mon, 25 Sep 2017 04:36:35 GMT
Expires: 0
Pragma: no-cache
Server: Apache-Coyote/1.1
Strict-Transport-Security: max-age=31536000 ; includeSubDomains
X-Content-Type-Options: nosniff
X-Frame-Options: DENY
X-XSS-Protection: 1; mode=block
Connection: keep-alive

welcomeページを非表示に。

$ cd /etc/httpd/conf.d/
$ mv welcome.conf welcome.conf.org

[WordPress] トップ以外のページが404

環境

環境 Ver.
OS Amazon Linux AMI 2017.03.1.20170812 x86_64 HVM GP2
LB ALB
DB RDS, MySQL5.5
WordPress 4.5.3
PHP 5.6

事象内容

トップページ以外のページが全て404エラーとなり、アクセスできない状態。

対応

“httpd.conf” 内にある以下の “AllowOverride None” を “AllowOverride All” へ変更する。
その後、Apacheを再起動させることで解消した。

/etc/httpd/conf/httpd.conf

<Directory "/var/www/html">
#
# Possible values for the Options directive are "None", "All",
# or any combination of:
# Indexes Includes FollowSymLinks SymLinksifOwnerMatch ExecCGI MultiViews
#
# Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
# doesn't give it to you.
#
# The Options directive is both complicated and important. Please see
# http://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/core.html#options
# for more information.
#
Options Indexes FollowSymLinks

#
# AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
# It can be "All", "None", or any combination of the keywords:
# Options FileInfo AuthConfig Limit
#
AllowOverride None

#
# Controls who can get stuff from this server.
#
Require all granted
</Directory>